忍者ブログ
個人サークル「のくたん結鼓」の子が、色々書き残すだけの処。梅よろしでも飲みながらのんびり見てやってください
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何のためらいもなく

げ ん じ つ か ら に ~ げ だ し て ~ ! !

……ここまで来たら逃げる以前に逃げ場所がないなーなんて。

物語構想っていうのは個人的にはとても大事なものだと思います。
それこそ、ゲームの中心と言うか
フローチャートみたいな感じがします。

私の場合、今回の製作STGには、
最初くだらない物事から始まってたりします。
最終的には世界の危機だの再生だのといったひどい状況になってますが……

そういう状況にせざるを得なくなったのが参戦させるオリキャラだったりします。

出来るだけ本編に近く、そして弊害が無いようになんて考え続け、
最終的にはよく分からない状況になって終わったりして
結局キャラ設定にあわせて物語が消えたりという悲劇。
一歩進んで二歩下がるー状態。


うまくストーリーやキャラを作る方法ってないんでしょうかねー……

といっても一応おおもとの内容はあるのでそこを変えないように頑張りたいです。



異変のプロローグはおなじみの主人公が全く関係ない所から
進んで行ったりします。
色々遠まわしに話そうとしても結局何が言いたいのか分からなくなっちゃうので、
完成部分は晒しちゃいます(何
         ↓以下プロローグ(原案)

何事もない平和な時だった。

幻想郷――。

一年を通して、この世界では何も起きず、そして驚くほどに静かだった。

だからこそ、博麗の巫女は疑った。


”物事に何も無いなんてことは無い”


そんなことを装いつつ巫女は退屈しのぎに出かけたのだった。


同時刻――。

魔法使いは何処か疑問を抱いていた。

”此処はこんなにもうっそうとしていたのか”

そんな疑問を想いつつも魔法使いもまた、
いつもの仕事に戻るために紅魔館へと向かった。


幻想郷は不変であり、その速さは等速。

何も無いはずの幻想郷には確かに”異変”が起きていたのだった。
PR
back
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
あい。
年齢:
23
性別:
非公開
誕生日:
1994/01/09
自己紹介:
仕事でunityしつつ、3Dとかやるので
そろそろどこに向かってるのか分からなくなってきた人

めーるあどれす:
nokutan_aiあっとyahoo.co.jp

このブログはリンクフリーです。
バナーのURL
"http://file.nokutanno.kagome-kagome.com/banner.gif"
になってると思います。






カウンター
リンク
リンク先募集してます!
Copyright (C) 2017 結鼓記録書庫 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]