忍者ブログ
個人サークル「のくたん結鼓」の子が、色々書き残すだけの処。梅よろしでも飲みながらのんびり見てやってください
[26]  [25]  [24]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しゅうかんづけるーいうてまたしても1ヶ月

こういうの、本当向いてないんでしょうね(しかも若干unity離れしてるという

最近は課題の為にprocessingを勉強中なのでそのうちそういうのも書いていきたい(願望

さて、そんなことはさておきこの記事は実はwikiの物を
そのまま書いているようなものです。



というのも少し前にunity-chan!をDLしましてね。
(DLしたサイト http://unity-chan.com/

さっそくサンプルを動かしたのですがどうもこういうサンプルで気になったことが一つ。

八方向に動かない!!

GE2や武蔵伝2とか、特にアクションゲームは入力した方向にキャラクタが走りますよね。
しかも最近のゲームは前を向いてる時に後ろ入力するとくるっと回転して
入力方向に歩いていきます。


どうにかしてあれを実装できないものかとしてやった結果、
まだまだ慣れないunityの動きにてんてこ舞い。
その中で一番苦労した物がwikiにありました。
(wikiのようですが普段見るのとはなんか違うのです)
unity/基本系/040 カメラの向きに合わせてGameObjectを移動する

※urlの中身の一部を抜粋
Vector3 forward = Camera.mainCamera.transform.TransformDirection( Vector3.forward );
Vector3 right = Camera.mainCamera.transform.TransformDirection( Vector3.right );
moveDirection = Input.GetAxis("Horizontal") * right + Input.GetAxis("Vertical") * forward;
moveDirection *= fSpeed;

Update関数でこれを読み込むと毎回カメラの向きを読み込み
それを入力した移動方向にかけていきます。

あとはそれをfSpeedという移動スピードをかけて
最後に動かしたいobjectに反映させればいいようです。

こんなにも原理は簡単なのにそもそもTransformDirectionなんて知らなかったので
仕方ないですよね。               ね?

この内容をうまく使う事によりカメラの向きによって入力も変わっていくという
一番やりたかったことが出来ました!。

そして、出来た物がこちらになります!
unitychanを八方向に動かしてみた。

はい。なんか色々変わったのが入ってますね。
さっき書いたunityちゃんがくるっとまわったり
サンプルやった人はアニメーションの移行とか……

実際これはサンプルのプログラムを改変して作ったものになります。
そういうソースコードって公開するものなのでしょうか……

どちらにしても公開すればもう少しいいやり方も思いつくかもしれないので
公開&解説はいづれ……(いづれじゃない、すぐにやれ
PR
back
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
HN:
あい。
年齢:
23
性別:
非公開
誕生日:
1994/01/09
自己紹介:
仕事でunityしつつ、3Dとかやるので
そろそろどこに向かってるのか分からなくなってきた人

めーるあどれす:
nokutan_aiあっとyahoo.co.jp

このブログはリンクフリーです。
バナーのURL
"http://file.nokutanno.kagome-kagome.com/banner.gif"
になってると思います。






カウンター
リンク
リンク先募集してます!
Copyright (C) 2017 結鼓記録書庫 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]